区町連とはイラスト

町内会・自治会

 子どもの通学時の安全確保、災害(地震・水害・火事等)発生時の被害の防止・軽減、ごみ集積場の維持管理、公園・道路の清掃など、個人や行政だけでは対応できない課題が地域にはあります。

 これらの課題を解決し、安全に安心して暮らしていくには、地域の皆さんが力を合わせて取り組んでいくことが大切です。

 町内会・自治会は、一定の地域に住んでいる世帯が加入する組織で、行政と連携して地域の課題解決に自主的に取り組むとともに、お祭りや運動会等の地域の方々の交流のためのイベントを実施し、地域での絆づくりを推進しています。

 多摩区には、約100の町内会・自治会があり、「○○町(内)会」「○○自治会」「○○管理組合」などの名称で呼ばれています。

 

多摩区町会連合会

 多摩区町会連合会は、昭和47年に多摩区が発足したことに伴い、稲田町会連合会、生田地区町会連合会、柿生町内会連合会の3つの町会連合会が設立した「多摩区町会連合会連絡協議会」としてスタートしました。

 その10年後、昭和57年7月の分区により、稲田町会連合会と生田地区町会連合会の2つの町会連合会で新たに編成し、名称も「多摩区町会連合会」に改め、スタートしました。

 平成28年度現在、88の町内会・自治会によって構成され、明るく住みよいまちづくりと地域の振興を目指して、各町内会・自治会相互の情報交換、区役所などの行政機関や社会福祉協議会や防犯協会、防火協会などの関係団体との連絡調整、町内会・自治会活動のための研修会の開催など、町内会・自治会の円滑な運営の推進のための取り組みを進めています。

 

会長あいさつ

会長 多摩区では、豊かな自然や歴史・文化などの地域資源を活用したまちづくりや安全で安心なまちづくりなどが進められています。
 こうした事業推進とともに、当連合会としては、行政をはじめ各種団体との緊密な協働のもと、町内会・自治会相互の連携を深め、人と人とのつながりを大切にし、地域のふれあい活動や青少年の健全育成、地域の美化活動、防災や防犯活動など様々な活動を行っています。
 地域をより元気に活性させるために、地域の皆様が、町会活動にご参加をいただき、力を合わせて、暮らしやすく心の触れ合える明るい住みよいまちづくりに、一層の努力をしてまいりたいと考えております。
 このホームページでは、多摩区町会連合会の活動状況、地域情報や地域の魅力のほか、若い世代の方々にも関心を持ってもらえるよう、大学生の視点を生かして区内の町内会・自治会の取組みを紹介する「ジモカツしませんか?」というコーナーを設けるなど、様々な情報をお届けしたいと思っておりますので、ご活用いただき、ご参加いただければ幸です。

多摩区町会連合会会長 末吉一夫